退職勧奨・退職強要に関して

会社が労働者に対して退職を勧めることです。

会社が労働者に対して退職の申込みを誘引する行為のうち、その手段・方法が社会的相当性を逸脱している、違法な行為をいいます。

退職勧奨自体は違法ではありませが、その手段・方法が

適切でなく、行き過ぎたもの

になった場合には、

退職強要とみなされ違法となります

退職勧奨には応じる義務は生じません

裁判例として次のようなものがあります。「退職勧奨そのものは雇用関係にある者に対し、自発的な退職意思の形成を慫慂するためになる事実行為であり、場合によっては雇用契約の合意解約の申入れあるいはその誘引という法律行為の性格を併せもつ場合もあるが、いずれの場合も被勧奨者は何らの拘束なしに自由に意思決定をなしうるのであり、いかなる場合も勧奨行為に応じる義務はない」

労働者の意思に反して退職勧奨に応じる義務は生じないとしています。

まず、退職勧奨・退職強要を速やかに止めるように内容証明郵便で忠告します。

それでも行われる場合は、違法にあたる退職勧奨・退職強要をしないように行為禁止の仮処分を行います。

そもそも違法な退職強要の場合や、この退職勧奨の手段・方法が社会的相当性を逸脱し退職強要とみなされるされる場合

 

損害賠償請求をする手段をとることも考えられます。

お問い合わせフォームもしくは電話で当事務所までご連絡ください。
弁護士に依頼をご希望の場合は、打ち合わせの日時を調整致します。

 

まずは、Eメールもしくは電話でお申し込み下さい

 

メールでのご相談は、上部ボタンをクリックしてください。

(クリックしても、自動的に送信されることはありません。お問い合わせへ移動します。)